RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
ハコネコ
評価:
荒川 千尋
文藝春秋
¥ 1,200
(2008-10)
またまたレビューネタです。

「ハコネコ」は猫を飼っている又は飼ったことのある人なら
「うんうん!猫ってこういうところ入るよね。」と納得してしまう一冊です。とってもかわいいです。中でも「なまものです」と書いてある段ボールに猫がはまっている写真が面白くて私は好きですね。

で,何でこの本のレビューがワタクシの仕事ブログにあるかというと,
ウチの事務所のパートナー弁護士が,ある日雑誌の記事の一部をビリッと破いたこの本の紹介ページをくれたからです。とってもかわいい写真の記事だったので,早速本を購入した,というわけです。
パートナー弁は,時々こうやって猫の記事や面白い記事があると雑誌を捨てる前に切り取ってくださるのですが,何故かツボを心得ていて,
「こんなんいらないよ」
と思うことはないです(不思議)。
この前は猫の「はっちゃん」の記事をもらいましたが,あまりにもかわいいので,机の脇に貼ってます。
事務所の日常の一幕でした(^^;)
author:ヤマベンS, category:雑談, 14:33
comments(2), -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 14:33
-, -
Comment
箱入りかわゆいです〜〜。
わたしもmixiの「にゃんこ組」でいろいろな特集を見ていますよ。箱ねこ、籠ねこ、香箱座りねこ、
ミケちゃん大集合、シロ猫ちゃん大集合、後ろ姿ねこ、最近ではハートねこ(身体のもようにハートがあるねこ)がめちゃかわいく、マイブームで、サラをいじくりまわして一生懸命ハートを作らせてます笑。
Rei, 2008/11/14 7:33 PM
Reiさん

この本ハコネコだけじゃなくて,籠猫,袋猫もあって,なかなか読み応えがありますよー。
何度も読んでしまいます。
ヤマベンS, 2008/11/17 10:35 AM